--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-08-02-Wed-23:04

ひしゃく星

夜空に、ひしゃく星

 くらやみは
   すくわれることなく
     すりぬける

あなたとわたし、
街灯りを遠くに眺めながら
水を打ったように静かな公園を歩いていると
一枚の影絵になったみたい

でも本当は
別々の宇宙に浮かんでいるのでしょう

今、背中で
揺れたブランコの影さえ
同じものを見ているとは限らないように



夜空に、ひしゃく星

 くらやみは
   ふたりのはざまに
     ふりそそぐ

七つの星は
それぞれ遥かに離れていて
透明な器になれないまま溜息を零して

星と星を
見えない糸で結ぶものは何でしょう

二人、
眼差しを交わしても
足元に広がる不思議は解けないでいるけど



わたしが目にしているものは
わたししか見られないのなら
この道を波立たせるのも
この心だけでしょう

わたししか知らないあなたを
心にそっと抱きしめよう

あなたが孤独に
沈みそうになったとしても
まっしろな光で照らせるように



夜空の暗さゆえ
星が切ないほどに瞬く
その在り難さ、風に感じて

 「手をつなごう」

北極星をめざして――







「詩遊会」さんの企画で、ルナクさんのイラストからイメージを広げて書きました。
ルナクさん、どうもありがとうございます^^
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。