--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-08-Sat-11:35

1+1=1

彼女は
僕の気持ちが
オンリーワンであることを求めながら
僕を数字に換算したがる
身長だったり
メールの回数だったり
おごりのメシの値段だったり
その影に隠している年収さえも
うるむ瞳で見通そうとするもんだから
背筋の裏に冷や汗が走る
天秤にかけて計っているんだろう
他の奴となのか
自分の中の理想となのか
比較対象は謎に包まれたまま
ふくよかな胸で揺らぐ天秤を
ぐらぐらに誤魔化したい衝動に駆られて
カラダをすっと引き寄せて抱き締める
すると
アスファルトの上で
ヒールの靴でバランスを壊して
彼女の温もりが雪崩れかかってくる
普通という名の薄氷の上で
普通という形を保ち続けようとしている心は
確かでないものを確かめようと
可笑しくも哀しい計算を繰り返してしまうんだろう
ふつうなんてもんじゃないほど、すてきだよ
もの言いたげに開かれた唇も
細い鎖骨のくぼみさえも
惑うほどに悩ましく
どんな数からも零れてしまいそうな不思議が
この腕の中にひとつだけある不思議
あたたかな息と息をかさね
1+1=1
を、こころみてみる
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

2006-07-14-Fri-07:01

おー

これ好きだな。やわらかい。
2006-07-15-Sat-21:24

ありがとうございます♪

うみさん、いらっしゃいませ^^
ありがとうございます♪
やわらかい・・・私もこの夏の暑さで溶けそうです(笑)
うみさんも、お身体には気をつけてww

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。