--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-06-15-Thu-20:01

なにもないうた。

「えくぼ」

六月の風にゆれる
さくらの葉っぱ。
よく見たら
ぽつぽつ 穴があいている。
虫に食べられてしまったのだろうか?

穴は どこかの虫の命を みたして
穴は みずみずしい空に みたされ

わたしのこころの
ちいさなえくぼにも
すずしい光を そそいでいる。



「オカリナ」

オカリナは、ね。

目にみえる
ゆびでふれられる
鳥のかたちをした土だけが
ほんとうではなくて、

目にみえない
土につつまれた
ほっこりした空っぽこそ
たましいなのかもしれない。

空っぽで
なかったら
息はとおらない。

空っぽが
なかったら
うたは羽ばたかない。



「おかあさん」

わたしの宝箱には
何もないと言って
涙こぼしたときも、

あなたこそ宝だと
掌の玉のように
いとおしんでくれた、

おかあさん。
あなたがいなかったら
わたしもいなかった。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

2006-06-18-Sun-01:32

こんばんわ

全て素敵ポエムで大好きです
(*^ω^*)ポッ 
まほしちゃんの詩を読んでいると落ち着いて深呼吸をしたくなるよ。
本当にいつも素敵な詩をありがとう。
2006-06-19-Mon-20:17

ありがとう!

みいちゃん、こんばんは~
どの詩も気に入ってもらえたみたいで、
とっても嬉しいです。
どうもありがとう(*^0^*)

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。