--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-26-Sun-21:51

桜よ

桜よ
あの人を包んでください
黒い古木にもたれて
胸の傷に手を当てる
あの人の背中をさすって

夜空の花となり生温かく散って
ほのかな明かりで目隠してください
ひとひらひとひら
妙なる調べのように
あの人の血を袖に流してください

 その胸になお炎を焚いて
 かの女の香りに通う人よ 
 わたしはあなたを抱きしめるたび
 かの女をぐしゃりと潰したかったことか

 あなたから隠れても
 離れることはできす
 赤くどろりと凍える指先に
 そっと息をふきかける

桜よ
あの人をわたしを
丸ごと包んでください
同じ木の根元にいるのに
星ひと回りほど遠くなった二人を
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。