--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-11-02-Wed-20:34

秋から冬へ

その歌のはじまりとおわりを
わたしは知らない

空を見上げたとき
耳元で起きた風が
どこから来て どこへ行くのか
わからないまま
歩き出してしまったように

それでも歌は
足元を流れるので
進まずにはいられなかった
髪を束ね 耳飾りを外し
両脚の内側でジーンズが
規則正しく擦れるのを聴きながら

やがて空は蒼さを
風は寒さを累乗して
木々はいっせいに葉を散らす

むきだしになった宇宙に
次々と枝をさらす木々も
果てしない流れにアンテナを立てている
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。