--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-07-08-Sun-00:12

七夕―天の川・地の河―

織姫がうらやましかった
  一年に一度しか
  愛しい人に逢えなかったとしても
  何千年ものあいだ
  星の数ほどの人に語りつがれ
  永遠に息づくふたりが

今宵も逢えなかった
  すりきれた日記を閉じて
  あなたがいない千日分をふりかえる
  硝子窓の外では
  夜露を含んだ河原が
  蛍のような燐光を放っている

     流れが変わればいい。
     あるいは
     溺れる覚悟で
     大河を越える勇気が。

天上に きらめいて
うたわれる恋と
地上で もがいて
一瞬でもうたえる恋
どちらが幸せなのだろう――

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。