--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-02-20-Tue-23:34

反作用の風に吹かれて

はじめは、見えなかった。

――それはファインダーの外に
   つまさきの下に
   暗がりのなか
   輪郭さえ
   ないところにあった。

それから、見ないようにした。

――それは地平線の果て
   視界の影から
   シトラスの銃口をかたむけるので、
   ファインダーを閉じて
   走り出した。
  
それはきっと
わたしがボロボロのジーンズを履いていることを
白日にさらしてしまう。
カメラをポケットに忍ばせているわりには
ほとばしる光を捕まえられないことを
夜明けの空にさらけだしてしまう。

みじめさを
にぎりしめて
ふみしめては
さらにみじめになって――

それでも
まぶたを閉じればとじるほど
からだの芯から情景が燃えあがる。
背中を向ければむけるほど
逃げ道は順光に照らされる。
上昇する熱に押されて
どこまでもどこまでも転がっていける。

(沸騰しそうな想いに
(無理やり蓋をするみたいに

走り出した先に、光も環ろうとしている――

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。