--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-31-Sun-08:17

やわらかなあさ

あ、
あさごはんが
きょうもやわらかい

そしゃくされた
いのちが
おなかに熱くしみとおる

やわらかくなって
この手に
とどくまで
いったいどれほど
かみくだかれたのだろう

あさの
ひかりに
ゆげをたてる
白いごはんを
すかしてみると
青い苗から
金の稲穂になるまで
どろにまみれて育んだ
おじいちゃん
おばあちゃんの
手、が
うかびあがって
ふたりも
そのまた
おとうさん
おかあさんの
手、に
育まれて
どんどんさかのぼって

こうして
めぐらせる
この言葉さえ
遠いとおい昔から
かたい土をたがやすように
手をかけられたのだと
思うと

やわらかく
かみくだかれた
ものものには
たしかな芯がとおっている
と、感ぜずにはいられない
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

COMMENT FORM

NAME

SUBJECT

MAIL

URL

COMMENT


PASS

秘密にする

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。