--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-15-Thu-23:45

ブラッドオレンジ

かなしみにも
色があるのでしょうか。
空のように
日ごと、いや、秒ごとに
色を変えていくのでしょうか。
そうしたら
今、この瞬間は
夕焼けのブラッドオレンジです。
どうしようもなく澄み切って
大地の血管まで透けてみえそうなのに
ふるさとだけが見えません。



わたしのふるさとは川です。
それは、あなたとわたしを大きく分かつ川でした。
古い橋の入口には、有刺鉄線が野茨のように絡みついて
いて、ペンキの剥げかかった看板には、黒い文字で
「立入禁止」
と書かれていました。
それでも空は、眼差しが届かない先まで広がっていて、
声にならなかった吐息の向こうで、鳥の群れがいつかの
約束のように行き交っていました。

熟れた果実が
木陰を揺らして
根本に落ちるように
帰りたい
と、何度願ったことでしょう。

轟音。そして、真っ暗な陽射しが乱打する川面に、二対
の塔とミサイルのような翼が、煙を立てて崩壊するのが
映って、世界がかかとの下で砕け散っていくのが聴こえ
ました。
(ツギニブチヌカレルノハ、ヒトダ)
わたしは瞳に焼き付いてしまった影を振り払うように、
河原の帰化植物がざわざわ高鳴るなかを逃げていきまし
た。

ふるさとは、離れてしまったから帰れないのではありま
せん。
ふるさとは、欠片となってこの背中に突き刺さっていま
す。
手が届かないほど、生温かい暗部に埋もれて、どくどく、
どくどくと、凍えるような熱を流して、そして、



今も体内のどこか遠い処で、ふるさとの川が赤々と流れ
ています。
日向色に実ることなく、風にもぎとられてしまった魂た
ちが、これ以上何も失えない空で苦い飛沫を散らして、
取り返しもつかないほど暮れていきます。

(帰りたい)

朝靄にうなじをくすぐられながら、足音を鳴らしてあの
橋を渡る日へ。
あなたとめぐり逢う、その日へ。
わたしたち、瞬きの色も違っていて、どこまでも分かた
れてしまうかもしれないけれど。
違う、ということを赦されたまま、いつか同じ土の下へ
帰っていけるなら。
祈りをこめて、草舟を放つ。
大いなる時よ――夜明けの方に流れているのなら、どう
か。


スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。