--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-16-Thu-22:52

ティーポットの中で

ティーポットの中で
泣き叫んでも
無駄だよ

透明な壁の奥で
縮こまって
飲み込まれていくのを
選んだのは
他ならぬ
わたし
だから

 じんわり熱い
 琥珀色の湯船に
 肩までつかって
 歪んだ硝子越しの
 冬空をにらんでいました

 外に出るの
 いやだな
 雪 降りそうだし

 産毛で気泡を立てて
 染み入るような
 渋味も
 グラニュー糖で
 ごまかせたらいい

 巨人の
 ささくれた指が
 取っ手を
 持ち上げるときだけ
 溺れそうになるけど
 ここはここで
 楽なんだ

それでも
雪が吹きすさぶうちに
うずくまっているだけじゃ
ポットはどんどん冷えていくことを知りました

巨人が
寒さを紛らわせるために
ポットを注いで、注いで、
やがて飲み干されてしまったら
薄氷で閉ざされたような空間に
たった独り 残されることも見えてきました

 (今からでも、
 遅くないだろうか)

心の底から
声がきこえる
取り乱しそうな
涙腺をよそに
しん と
さえわたる
湧水のような

 (もう一度、
 生きなおすことは
 できるだろうか)

重い蓋を
ぐっと押し上げ
幻が沈殿した
ぬるま湯から
力をこめて這い上がって

この手は、この腕は、
わたしだけを抱きしめるために
とうとうと脈打っているんじゃない

ほんとうは
こんな凍えそうな夜こそ
温かなジンジャーティーを
この指で
一杯
二杯‥‥と
淹れて

だれかの孤独を
湯気で
そっと
慈しめるような
人になりたい


スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。