--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-06-09-Sat-19:25

海と声

 1

もう、
ふりかえらないのだ
髪をゆらしていった風は
束ねることはせず

つまさきは
後ろに広がる汀を
走れない世界にいて
こころだけがいつまでも
波になりたがっている



 2

ゆうべ、
海原を呼ぶ声が
半分失なわれてしまったので
貝殻のような名をつけて
せき止めとしたが
千切れてしまった風に
言の葉は乗せられない

下弦の舟にゆられ
水平線をたぐる旅にでるべきか
みぞおちの血汐を薬にするべきか
渚に立たされても
なぎさにはなれない



 3

うみ、と
ふたたびうたえたら
つながるのだろうか
海に、
それともながされてしまうのか

うみ、は
ちかづけばちかづくほど
風をいやまし
かけよるかかとを遠ざけようと
しずかに叫ぶのに
地球のうらから腕を伸ばして
蒼い乱気流で抱きしめようとする

うみ、と
ふたたびうたえたら
 (ふたたびはあるのか、
   灯台を巻き戻す
   ねじはあるのか、)



 4

ゆりかご、か
あしかせ、か

呼吸にとける旋律で
波は、くるぶしをなでていく

ゆりかご か、あしかせ か、

すぎてゆく、
すぎてゆく水の鼓動は、
足跡を包みこんでは
みなもとに触れるのをやさしく、拒む

喉元でうるむ
潮騒の遺伝子は
うみの底から続いているのだろう
それなのに、
波乱を孕みながら
 ふかく ふかく
  たどれば だとるほど
沈黙の果てに
飲みこまれていくのは、何故だろう



 5

体内時計の
中心に満ちる、月が
赤々と落ちてしまわないうちに

生まれる前の脈拍を、
五線譜に散りばめる

音符の一滴が
昇華されて
海鳥の声となるなら

声よ

波が静まった先に
謳いかける虚空はあるか


スポンサーサイト
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。