--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-12-31-Sun-08:17

やわらかなあさ

あ、
あさごはんが
きょうもやわらかい

そしゃくされた
いのちが
おなかに熱くしみとおる

やわらかくなって
この手に
とどくまで
いったいどれほど
かみくだかれたのだろう

あさの
ひかりに
ゆげをたてる
白いごはんを
すかしてみると
青い苗から
金の稲穂になるまで
どろにまみれて育んだ
おじいちゃん
おばあちゃんの
手、が
うかびあがって
ふたりも
そのまた
おとうさん
おかあさんの
手、に
育まれて
どんどんさかのぼって

こうして
めぐらせる
この言葉さえ
遠いとおい昔から
かたい土をたがやすように
手をかけられたのだと
思うと

やわらかく
かみくだかれた
ものものには
たしかな芯がとおっている
と、感ぜずにはいられない
スポンサーサイト
2006-12-09-Sat-20:31

冬の庭

あれはたしか小学生のころ
ちいさな花をいじめたことがあった
冬がカサリと音を立てはじめたある日
お母さんがお庭でいっしょうけんめい
そだてた花を

「しゃんとしなよ」
「ねえ、枯れちゃわないで、しゃんとしな」
はじめは爪ではじいて
それでも花はコクリともうなづかなかったので
そのうちおなかから熱いヘドがこみあげて
気がついたらそばに立ちはだっていたツバキを
おもいきりけとばしていた。
けとばして、けとばして、

  ねえ、きょうも学校にいったら、
  上ばきがなかったのよ
  先生に言ったら、笑いながら
  もっとちゃんとさがそうね・・・だって。
  でも、知ってる。
  みんなわたしのものをぬすんでは、
  わたしのそうしきごっこをしているのを。
  だから上ばきだって殺されちゃったんだわ。
  ・・・わたしがいなくなったら、
  みんなわるいことしたっておもうのかな?
  それともせいせいするのかな?
 
ダン…バサリ、ドン…バサバサ、と
ツバキをゆさぶっているところを
お母さんがかけよってきた。
わたしの腕をつかんでじっと見つめるので、
わたしは口をぎゅっとむすんで地べたをにらんだ。
「・・・お花がかわいそうでしょ?」
お母さんは、
ズシンとした声を
わたしの頭になげかけた。
そのまま腕を引っぱって家に入ろうとするので、
からだをふりはらって庭を飛びだした。

わたしは西へ西へ、走りはじめた。

 (お母さんのかなしそうな顔がよぎる)

わたしの頭は
だれもしゃべっていないときも
つめたい雨みたいな声に
ずんずんなぐられていたから、
ぐしょぬれになって
氷みたいに動けなくなって、

 (しゅんと枯れそうになった花がよぎる)

ねえ、花は
人になりたいとか鳥になりたいとか
おもったりしないの?
ふまれてもけられても
にげられないのに、
ねえ?

 (わたしの、
 殺されてしまったものたちがよぎる)

夕日が真っ赤ににじむころ
町のはずれに着いた。
大きな川が
とおせんぼするように
流れていたので
足をとめた。
息がぜいぜい
ないているのは
とまらない。

ぽつり、と
川のむこうへ
なみだみたいに
夕日が落ちていった。
川をのぞきこむと
今にも飛びこみそうな
わたしが
ゆれていた。

―――これいじょう
     いっちゃだめ!

からだに電気が走る。
めまいがして、ふと上を向くと、
うでを広げるよりも、川が流れるよりも、
もっと大きな空がわたしをつつみこんでいた。
しゃがんでいるまわりの
枯れ草も
北風も
三日月も
みんなみんな
大きな空のなかに
ある。

   あのね、
   学校のうら庭で
   上ばきと
   チョークでコンクリートに
   「シネ」って
   書かれているのを見つけたとき・・・
   ほんとうに、いなくなりたかったのよ。

――――――もうこれいじょう
               
         どこにも、いけない。



すっかり夜になったころ
わたしはうなだれて
家へもどってきた。
お母さんは
泣きはらした目をして
それでも何もなかったように
あたたかいミルクをいれてくれた。

うんと冷えたゆび先で
マグカップにふれると
じんとしびれて
きもちいい。

「今はまだ小さいから
どこにもいけないかもしれないけど」

お母さんは、わたしの目をみてつぶやいた。

「大きくなったら、
どこにでもいけるから」

目をつむったら、
しゅんと枯れていたはずの花が
三日月みたいに
白く光りはじめた。

2006-12-06-Wed-23:57

生まれることを待たれること

今日は誕生日でした。
と言っても、私が生まれたのは真夜中の22時なので、ちょうど生まれた時間まで、時計とにらめっこしてました。
毎年、誕生日はこんな感じ。
朝起きても以前の年齢のまま、昼が過ぎ、夕が過ぎ、夜になって・・・ああ、ちょうど○○年前の今、私が生まれたんだ~!って感じです。
遅生まれの、遅い時間の生まれなので、誕生日はいつまでたっても来ないというイメージがあって(笑)
ほら、たとえば年が明けて周りがどんどん誕生日を迎えるのに、私だけまだで、ようやく誕生日が来ても、真夜中まで年を重ねる瞬間はおあずけで。
でも、そんな風に、生まれてくるのを待っていてくれていた人がいるんだと思うと、やっぱりおめでたいです。
一番待っていたのはきっと、必死に痛みをこらえていた母でしょう。
うん、やっぱり生まれてきてよかったです^^

ところで、去年の今日は思いっ切りおでこをぶつけて怪我をしたから、今日も事故を起こさないかヒヤヒヤしていたけど(笑)
とりあえず一日無事に過ごすことが出来て、一安心ですv
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。