--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-07-15-Sat-20:51

後朝―きぬぎぬ―

あなたが、水かさを増す

「では、また 」
と 言って
あなたが身を反らして
木立から、わたしから
離れていった
その刹那から

あなたが、視界でいっぱいになる

あなたが、
夜露で濡れる
河原を踏み分け
橋を越え
向こう岸へ、東の果てへ
行ってしまった

あなたが、

あし、ひざ、こし、はら、と
みるみるせり上がって
むね、の辺りで
水面に映る
め、に
め、を
つらぬかれて

わたしは、

盲目になる
みずからの め、で
みずからの め、は
見られないように
あなたを透かしてみる世界は
あなたの姿だけが瞳の奥に
消えて


(底無シノ川ニ、
(二人シテ堕チテイケレバヨカッタノニ



からだを薄衣のように
包むのは
雄の匂い

契りの名残は
空蝉の羽より
脆く

けたたましいなき声が
わだつみの木漏れ日に
響いて

帰れない空から、夜が明ける――
スポンサーサイト
2006-07-08-Sat-11:38

七夕の雨

あなたとわたしの間を銀河は
天地を結ぶように流れている
まるで止まない雨のように

ふたりを分かつ早瀬は
つま先だけに在るのではないと
全身全霊に囁きかけるように

天地が哀しいほどに
結ばれている代わりに
ふたりの足取りは交わりを知らない

側にいても
すれ違いを繰り返す
平行線の深さだけが引力となって

止まない雨がないのは
約束事か無常か
いつかは透き通る今宵への問いかけ
2006-07-08-Sat-11:35

1+1=1

彼女は
僕の気持ちが
オンリーワンであることを求めながら
僕を数字に換算したがる
身長だったり
メールの回数だったり
おごりのメシの値段だったり
その影に隠している年収さえも
うるむ瞳で見通そうとするもんだから
背筋の裏に冷や汗が走る
天秤にかけて計っているんだろう
他の奴となのか
自分の中の理想となのか
比較対象は謎に包まれたまま
ふくよかな胸で揺らぐ天秤を
ぐらぐらに誤魔化したい衝動に駆られて
カラダをすっと引き寄せて抱き締める
すると
アスファルトの上で
ヒールの靴でバランスを壊して
彼女の温もりが雪崩れかかってくる
普通という名の薄氷の上で
普通という形を保ち続けようとしている心は
確かでないものを確かめようと
可笑しくも哀しい計算を繰り返してしまうんだろう
ふつうなんてもんじゃないほど、すてきだよ
もの言いたげに開かれた唇も
細い鎖骨のくぼみさえも
惑うほどに悩ましく
どんな数からも零れてしまいそうな不思議が
この腕の中にひとつだけある不思議
あたたかな息と息をかさね
1+1=1
を、こころみてみる
HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。