--------------:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-29-Mon-23:34

梨のきおく

夕映えに乱反射する
河口のようなきらめきを
枝先にふっとふりしぼるように
梨は金色の実をならしました

ほんとうに果てる命など
みじんもないのだという想いを
その実にみずみずしく
結晶させるかのように

黄葉の散った根元に腰かけて
ほのかに眩しい実を口にしたら
芳醇な香りが脳裏をめぐりました

わたしの奥のどこか遠い丘で
かつてこの身が梨だったときの記憶が
白い霧雨を浴びて芽生えていきます


nashinokioku.jpg


(Seasons-plus-2012年秋号 掲載作品)




スポンサーサイト
2012-10-29-Mon-23:30

RRR

虫の音にびしょ濡れになって
深夜のアパートに戻ってきた
ドアを後手で閉じた瞬間
散らかった沈黙に迎えられた

サンダルを脱ぎすてると
ストラップにからまっていた
鈴虫の三連符が
RRR……と余韻を立てた

もうヌードトゥの季節じゃないのかもしれない
それでも最先端で風を感じて
踏みしめていきたい道がある

さみしさを深めるために靴底を減らしていくよ
いつか体じゅうの輪郭をほどいて
大気に飽和するときのために


rrr.jpg


(Seasons-plus-2012年秋号 掲載作品)




2012-10-29-Mon-23:23

九月の雪

夏が見えなくなった瞬間
きみはわたしの肩越しに
雪のような言葉をぶちまけて
傷だらけのドアに逃げこんでしまった

しんとした寒さが
火照ったからだを駆けめぐり
わたしはまっ白になって
きみを抱きしめたいと想った

そんなに尖らなくてもいいよ
きっと指先まで凍えていたんだね
あの夏を追いかけて走っていたときも

きみが猛吹雪になってしまったのは
心のどこかで少年が震えているからだろう
閉ざされたドアの向こうは銀世界かもしれない


kugatsunoyuki.jpg


(Seasons-plus-2012年秋号 掲載作品)





2012-07-17-Tue-23:11

Ombra mai fu

夏の日なんか
氷ってもいいのに

きみの微笑みに注ぐ
木蔭になれるなら
蒼い陽射しが凍てついてもいいのに

きみの吐息から
暗号が零れるたび
心臓が焦げるほど
つづきが
ほしくて

夏の空なんか
氷ってもいいのに

もう時の流れもいらない
世界が眩暈を起こしたままでいい

きみの髪をなでる
泡雪のような
闇になって
とけるように
ひとつになりたいのに

ふたりをへだてる
風は
めざめて

Ombra mai fu…

終わりない道を
祈るように旅しても
こんなに狂おしい瞬きは
これから先も
光の果てまで
ない

すずかけの
みどりの透き間から
太陽が水しぶきを散らすと
蒸せる風はゆき
きみひとり
澄んで

みなもとを
なくしたまま
うまれおちる

涙――





(Seasons-plus-2012年夏号 掲載作品)

2012-04-09-Mon-23:26

Mimosa

金の雪が咲き零れたのは
その木の根元に
凍りついた懐中時計を
埋めてきたからでしょう

スケッチブックに
光の結晶が滲むのも気にせず
君は8Bの鉛筆を疾走させて
鼓動をさらけ出しています

年輪を溶かしに戻って来ました
長い旅の終点は
わたしの中心で高鳴っています

どんなに冬がめぐっても
懐かしくならない君の声が
わたしを芯から抱きしめていました





(Seasons-plus-2012年春号 掲載作品)
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。